ミニバス出身からオリンピックプレイヤーになった立川選手による、

週1回の小学生対象バスケットボール塾が2014年8月にスタートしました。

スポーツ、バスケットボールでたくさんの成功や失敗、勝ちや負け、チーム、自分、楽しむ、悔しさ、ルールを守ること、などなど、

多くのことを経験し、オリンピックプレイヤーにまでなった立川選手は、

今もなおバスケットボールを愛し、強いココロを持った現役選手として新たなチャレンジを続けている。

そんなトップ選手の立川による、”Tachikawa流”のバスケットボールを体験することで、

今以上に好きになり、楽しくなり、そして、のちに強いココロを手に入れ、一人の人間として成長ができるよう、アプローチしていきます。

◆直近のスケジュール

◆経歴

立川真紗美選手たちかわ まさみ

(1980年11月16日- )

 

神奈川県横須賀市出身のバスケットボール選手。

バスケットボールを始めたきっかけは、

地元の「ミニバスケットクラブ員募集」の回覧板。

久里浜中学校、横須賀商業高校(現・横須賀総合高校)を経て、

1999年、ジャパンエナジー(JOMO)入社。

2004年にはアテネオリンピックに出場。

2009年、JOMOを退団、富士通に移籍。

 

現在、ストリートボールリーグ「SOMECITY」TEAM-S

★日本代表歴 2002世界選手権 2004アテネ五輪

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now